あなたもできる新しい復興支援のカタチ

---今年3月11日、震災1年を期に陸前高田支援・新プロジェクト発足---


プロジェクトはキーホルダーにつける復興の希望を象徴したロゴの入ったタグを販売するというもの。

いつも持ち歩くキーホルダーにこのタグを取り付けることにより、見る度に被災地に思いを寄せ、風化を止めることができると考えた。
このタグを陸前高田市民と、全国の支援者が同じタグによって、絆として繋がることをプロジェクトの目標としていりる。その願いを込めて、「ラブタカタ・ラブジャパン・プロジェクト」と名付けた。

その目的は、
(1)継続的な寄付モデルを構築し、陸前高田市の復興、発展に寄与する
(2)常に持ち歩くタグを保持してもらうことにより、風化防止、コミュニティ形成を計る
(3)学生主導のプロジェクト運営を実施し、陸前高田市に若者を呼び込み、地域活性化に貢献する

運営チームは
「社団法人SAVE TAKATA」
「ジャパンリカバリー株式会社」
「地域支縁団体ARCH」
陸前高田市と青年会議所岩手ブロックの後援協力を得ての活動。