会社案内・ポスター・カタログ・パンフレット・リーフレット・チラシ・折り込みチラシ・圧着ハガキ・ダイレクトメール・カレンダー
PR誌・PR紙・広報誌・広報紙・各種マニュアル・媒体資料・プレゼン資料・PowerPointデザイン
幟・横断幕・Tシャツ・スタッフブルゾン・イベントツール・POPデザイン・メニューデザイン
CI戦略・掲載広告作成・ロゴタイプ・シンボルマーク・キャラクター・パッケージ パッQ便

(開業支援・営業ツールセット)

制作システム 料金システム

<お問い合わせ>




CI戦略企画・シンボルデザイン


<CI戦略・総合デザイン>

企業の統一イメージを構築します。
シンボルマークや社名ロゴタイプ、コーポレートカラーなどを決めて名刺、封筒は勿論のこと、あらゆる社用物に表示します。
看板から包装紙に至るまでイメージを統一します。
それによって企業イメージを強力に表現することができます。
マーケット戦略では最も重要とされています。

<掲載広告制作>

新聞雑誌、ミニコミ誌などに掲載する広告を作成致します。
また最近は主流になりつつあるネット広告のバナーの制作もいたします。

<シンボルマーク・ロゴタイプ>

会社のシンボルマークは半永久的に使用し、対外的に会社の存在価値を表現するのみならず、企業内部の社長以下従業員全員がそのシンボルの下に心を一つにするための旗印であり、組織の象徴です。
商品に独自のシンボルを使用することもあります。ブランドとして商品群をまとめる場合です。
ロゴタイプは社名や商品名、ブランド名といった文字をデザインしたものです。
シンボルマークと同じように使われます。

何れもイメージを抽象化するために形は単純化されます。簡単にできるように思われがちですが、制作に当たっては資料を収集し、何十点となくデッサンを繰り返し、イメージを探求していきます。商業デザインの中でも最も時間のかかる仕事になっています。
よく、大企業のシンボルマークが数千万、数億との話がありますが、その単純な形の中に多くの人手と時間、様々な要素が含まれるプロセスがあるからです。

<キャラクター>

不二家の「ペコちゃん」のように企業シンボルとして使われることもありますが、多くはマーケット戦略の一環で使われるようです。
またキャラクターそのものが商品として扱われることもあります。
独自にキャラクターを作成するのではなく、「ミッフィーちゃん」のような既存のキャラクターを代用することも出来ます。